音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりニュースへ移動可能です。クリックしてください。

慶應義塾大学医学部血液内科
血液内科スタッフ専用血液内科OBの先生方へ
ホーム
教室紹介
受診されるみなさまへ
入局希望のみなさまへ
研究業績
リンク集

ホーム > 受診されるみなさまへ > 主な血液の病気の解説 > 多発性骨髄腫とは

多発性骨髄腫とは

骨髄の中には形質細胞という細胞があり、免疫グロブリンと呼ばれる蛋白を作っています。この蛋白は細菌、ウイルスなど体内に侵入してきた異物を攻撃します。多発性骨髄腫とは、1つの形質細胞が必要ないにもかかわらず、どんどんと増殖する病気です。そして増殖する形質細胞(骨髄腫細胞)から産生される免疫グロブリンをM蛋白と呼びます。年齢の高い方に多い病気であり、診断時には、多くの場合60歳以上ですが、30歳代あるいは40歳代の比較的若い方に発病することもあります。また男性の患者数が女性よりも多いとされています。

主な病変と症状

この病気では形質細胞の無秩序な増殖とM蛋白の増加に伴う病変と症状がみられます。ただし初期には自覚症状はなく、血液検査などの検査所見の異常のみが見つかることがあります。

1) 骨病変

骨髄腫で最も多くみられる骨病変に伴う症状です。骨髄腫細胞は、骨を壊す働きをする細胞を活性化し、骨を再生する細胞の働きを抑えるので、結果として骨がもろくなります。自覚症状は骨痛が多く、X線検査では「打ち抜き像」と呼ばれる所見を示します。背骨がつぶれて変形する圧迫骨折、四肢の骨などが特にはっきりした外傷がないのに骨折すること(病的骨折)もあります。また、骨の主な成分であるカルシウム(Ca)が血液中に溶け出して、血液のCa値が高くなることもあります。

2) 腎臓の機能低下

腎臓へのM蛋白の沈着、脱水、高Ca血症、痛み止めなどの薬物などが原因となり腎臓の機能が低下します。血液検査ではクレアチニン(CRTNN)の上昇、尿検査では蛋白の増加などがみられます。病変が進行して尿毒症をおこすと、むくみ、吐き気、息切れなどの症状がでてきます。

3) 貧血

骨髄腫細胞が赤血球の産生を抑えるような物質を作り出すこと、骨髄中の正常な血液を作る細胞が減少することなどが原因となり、貧血になると考えられています。血液検査ではヘモグロビン(Hb)の低下がみられ、貧血が進行すると体動時の動悸・息切れ、めまい、全身倦怠感などの症状がみられます。

4) その他

体をばい菌から守ってくれる正常な免疫グロブリンが減り、細菌、真菌、ウイルスなどの感染を起こしやすくなります。血液中のM蛋白が増加して血液が粘稠になり、頭痛、視覚障害、皮膚や粘膜からの出血などの症状がみられる過粘稠症候群、M蛋白の一部が分解されてアミロイドという物質になり心臓、腎臓、消化管、舌などに沈着して臓器の働きを障害するアミロイドーシスなどの合併症がみられることもあります。また、骨髄腫細胞が骨髄の外で増殖し、腫瘍のかたまり(形質細胞腫と呼びます)を作り、そのできる場所によっては下肢の麻痺などを起こすことがあります。

診断と病型、病期

多発性骨髄腫の診断のために血液検査、尿検査(24時間尿をためて頂いて詳しく調べる蓄尿検査)、骨髄検査、画像検査(単純X線、必要に応じてCT、MRIなど)が必要です。その結果が表1の診断基準を満たせば、骨髄腫と診断されます。骨髄腫は、増加するM蛋白によってIgG型、IgA型、ベンスジョーン(BJ)型、IgG型、M蛋白が増加しない非分泌型に分けられます。また、診断の次に、病期分類を決定します(表2)。これにより、ある程度の予後を予測することが可能です。

本態性M蛋白血症(MGUS)

血清M蛋白<3g/dl かつ骨髄の腫瘍性形質細胞 <10%、臓器障害*を伴わない。

無症候性骨髄腫

血清M蛋白≧3g/dl または骨髄の腫瘍性形質細胞 ≧10% および両者。臓器障害*を伴わない。

症候性骨髄腫

血清あるいは尿、または両者にM蛋白を検出し、骨髄での腫瘍性の形質細胞の増加、あるいは形質細胞腫を認める。臓器障害*を伴う。

表1:International Myeloma Working Groupの診断基準
(Br J Haematology 121: 749?757, 2003より改変して使用)

*臓器障害
高Ca血症(Ca>11mg/dl、または基準値を1mg/dl以上こえる上昇)、腎不全(CRTNN>2mg/dl)、貧血(Hb<10g/dl、または基準値より2g/dl以上低下)、骨病変、過粘稠症 候群、アミロイドーシス、年2回以上の感染のいずれか。

病期

判定基準

I期

血清ミクログロブリン<3.5 mg/dl
血清アルブミン≧3.5g/dl

II期

I期、III期以外

III期

血清ミクログロブリン>5.5mg/dl

表2:国際病期分類

治療

原則として症状のある多発性骨髄腫の場合、治療を開始します。無症候性骨髄腫の場合には、定期的に経過観察をして症候性骨髄腫となった時点で治療を開始するのが一般的です。

1. 標準的治療法
・化学療法

治療が必要な多発性骨髄腫であると診断された場合、最初に行われる治療は腫瘍細胞を減少させることを目的とした抗がん剤を組み合わせて投与する化学療法であり、標準的に行われている治療はMP(メルファラン+プレドニン)療法です。いずれの薬剤も飲み薬なので、外来で治療を受けることができます。一方、骨病変、腎障害による症状を早期に改善することが望ましい時、あるいは後述する自家末梢血幹細胞移植を考慮するには、VAD(ビンクリスチン+アドリアマイシン+デキサメタゾン)療法がしばしば選択されます。

・自家末梢血幹細胞移植療法

大量に抗がん剤を投与することにより、通常の化学療法と比較してより腫瘍細胞を減少させることが可能と考えられます。一方、大量の抗がん剤を投与すると正常な血液を作る能力が失われてしまいます。そこで、あらかじめ自分の血液を作る種になる細胞(造血幹細胞)を集めて保存しておき、大量化学療法施行後にその細胞を戻して血液を作る能力を回復させる治療法が、自家末梢血幹細胞移植療法です。この治療法は通常の化学療法と比較してより長い期間効果が持続することが明らかとなっています。ただし残念ながら大量化学療法(多くの場合、大量メルファランを投与)と自家末梢血幹細胞移植療法を行っても多発性骨髄腫を完治させることは難しいです。この治療では、重症感染症などの合併症により命を落とす危険性が1-2%程度ありますが、現時点ではもっとも長期間良好な状態を保つことが期待できる治療であり、新たに診断された比較的若い(65歳以下)の患者さんに対する標準的治療とされています。またこの治療は、合計2回繰り返すことがあります。

2. 再発または治療抵抗症例に対する治療法

上記のような治療を行っても多くの患者さんでは再発したり、あるいは途中から治療に反応しなくなったりします。そのような患者さんに対する治療として海外で先に販売され使用され、最近になり我が国でも使用可能となった薬剤がボルテゾミブ(注射薬)とサリドマイド(内服薬)です。両薬剤にはともに長所と短所がありますので、どちらの薬剤を選択するのが妥当であるかは患者さんごとに検討する必要があります。また海外ではこれらの薬剤を最初から用いて治療することも行われていますが、日本では現時点では再発または治療抵抗性の患者さんに対してのみ使用されています。

3. 適応が検討されている治療法

自分の造血幹細胞を移植するのではなく、HLAの一致した健康な血縁者あるいは非血縁者から提供された細胞を移植する同種移植療法が多発性骨髄腫の患者さんに対して施行されることがあります。今までの臨床試験からは自家末梢血幹細胞移植療法と比較してより高い有効性が期待できる可能性はあるものの、一方で合併症発症率は高く、最終的な治療成績はどちらが優れているか、結論はでていません。この治療は現時点では慶應義塾大学病院を含めたいくつかの施設で、適応を十分に検討した後に行われています。さらに海外ではサリドマイドに比べて効果が強く副作用は少ないとされるレナリドマイドという薬剤も使用され、我が国でも使用可能になることが期待されています。

おわりに

以上に述べて参りましたように、多発性骨髄腫と診断された後いつ治療を開始すべきか、どのような治療を選択するか、は患者さんにより様々です。不明な点は主治医その他医療者に十分にわかるまで説明をうけて、十分に納得した上で治療を選択して病気に立ち向かって行くことが大切です。なお下記のサイトをご参照頂きますと、より詳しい情報をお知りになることができます。

教室紹介|受診されるみなさまへ|入局希望のみなさまへ|研究業績|リンク集|血液内科スタッフ専用|血液内科OBの先生方へ|サイトマップ

Copyright 2005 Division of Hematology Department of Internal Medicine Keio University School of Medicine. All Rights Reserved.